MENU

 先に帰ってしまった40代の男性、その後いくらメールをしても返信を貰うことが出来ませんでした。
全く音信不通の状態になってしまったのです。
つまりこれ、やり逃げされてしまったっていうことですよね。
これは本当に腹が経ってしまいました。
ホテル代だけ出しただけでもまだマシなのかもしれませんけど、それでも嘘を言ってセックスだけして帰ってしまうなんて、最低の人間だって感じでした。
さすがに頭にきましたけれど、もう1人の37歳の男性との待ち合わせの約束もありましたから、こちらに賭けてみることにしたのです。

 

37歳の男性と後日待ち合わせになって、彼との面接となりました。
あの男性は駅前で待ち合わせとなったのですけれど、対面してすぐにラブホテルに行きたいと言い出してきました。
「愛人関係だからやっぱり肉体的な相性が一番大切だと思うんだよね。
この部分を確認させて欲しいんだ。
今日の分は5万だけ支払うつもりだけどどうだろう?」
真面目に行っているような気もしましたし、とりあえずお金を貰うことができるならと思って、そのままラブホテルに入ることになりました。
この男性ともすぐに肉体関係を持つことになったのですが、援助交際をしていたことからこの様な経験は全く問題ではありませんでした。
それなりにテクニックはあったと思いますが、小さなオチンチンであまり満足する気持ちが生まれてきませんでした。
それでも、これからの事を考えれば、我慢するしか他に方法がありません。
それに気に入って貰えたら、毎月50万円を支払ってくれると言うのですから、思いっきりサービスもしてあげました。
セックスも終わってホテルを出る際に、封筒を渡されました。
「面接の結果は後日メールするから楽しみにしていてね!」
そう言って彼と別れることになったのです。
別れてから封筒の中を確かめてみると、中身は一万五千でした…。

 

安心サポート付きの掲示板でお相手検索
愛人募集サイトランキング
有名定番サイト登録無料