MENU

 最初は40歳の男性と待ち合わせの約束になりました。
愛人という関係だから、やっぱりしっかりとした面接をして、こちらの事を調べるんじゃないかって思っていました。
だからいきなり肉体的な交渉はありえないんじゃないかっていう気持ちもあったのです。
別にセックスをすることに対して抵抗感があるわけではないのですが、特殊の関係と言うこともありますから、流れは援助交際とは違うような気がしていました。
ちょっとお洒落なホテルのロビーで待ち合わせとなったのには驚きました。
やっぱりお金を持っている人は違うんだなって感じました。
彼は先に待っていてくれて、そのままラウンジにあるレストランで軽く食事をしながら会話をしたのです。
スーツ姿だったし、絶対にこの人お金持っているかもしれないって思えたのでした。
「とても素敵な女性でビックリしたよ、できればあなたとの関係を作ってみたいと思っている」
とても嬉しい言葉で、すっかりと良い気分になっていました。
「初めてなんだけど、今日肉体的な相性も見てみたいだけどどうだろう?もちろんその分の支払いはするつもりだよ」
「はい、分りました」
そのホテルの部屋を取っていたらしくて、カードキーをわたしに渡してくれました。
部屋に入ると、すぐに財布の中身を見せてくれて、ちゃんと支払うから安心してと話しわたしの肉体を抱いていったのです。
とても激しくセックスをされて、すっかりと良い気分になってしまいました。
今日の分もお金を払ってくれるし、これですべて上手くいくと思っていました。

セックスの後シャワーをゆっくりと歩いてから、室内に戻ると誰もいないのです。
携帯にメッセージが送られてきて、急用ができたから先に帰るからと言うのです。
約束のお金なんか全然ないし、ホテル代は支払ってくれていたけれど、何が起こったのかよく分りませんでした。

 

安心サポート付きの掲示板でお相手検索
愛人募集サイトランキング
有名定番サイト登録無料